だららんのもり

Facebookページもあります(o^∀^o)

地震の時どうする?

北海道の皆様、大丈夫ですか?

私も、北海道に友人知人いますが、こちらからはすぐ連絡しません。あちらから連絡くれば別だが。

SNSやってるなら、本人の安否わかるので、先ずは身内や大切な人から、安否確認していくべきです。あれこれ「大丈夫?」と何件もあり過ぎて、本当に大切な人まで辿り着くまで、無駄な時間使います。停電であれば、何時何処で電気普及するかわからないので尚更です。

 

そこで

地震の時、どう過ごしてたか。

東日本大震災の時に、停電あったので、その時思い出しながら書いてみます。

 

*当時はガラケーだったので、電池で充電出来る充電器と電池は、役に立った。

今はスマホなので、スマホ用もあります。

ガラケーの時は単一電池だったが、スマホ用だと単三電池だったと思う。

*3月の半ば頃だったが、ストーブ必要なので、電池使える卓上式ストーブ使ってました。

電池とチャカマンと灯油で、何とか暖は取れました。

f:id:korigen1269:20180906133814j:image

f:id:korigen1269:20180906133822j:image

*電池と言ったら、懐中電灯

スマホの懐中電灯もあるが、何処にてよくあるタイプのがいい。

*秋田は避難する程では無かったので、自宅で過ごす事が出来ました。水とガスは大丈夫(但し、水洗トイレなダメだった)

だったが、ガスは今後の事考えて、卓上式コンロも使って料理しました。

*ガスは使えるが、お風呂は電気使うので入れなかった。

*夜の食事の時、暗かったので、自分達の結婚式の時に使った、大きなロウソクが灯り代わりになりました。

*どうしても充電器で足りない時は、車に充電器付けること出来るタイプだったので、車で充電した事もありました。ラジオも聴けるので、情報収集出来ました。当時はガラケーで、テレビ見る事出来る型だったので、テレビも見れました。(但し、ガソリンに余裕ある時でないとダメ)

*道路状況や情報に関しては、Twitterが役に立ちました。細かい所までわかりました。FacebookよりTwitterの方が、リアルタイムでわかります。

 

*これは私の経験上の話であって、避難所生活だと当てはまらない情報もあります。

どちらにしろ、これあれば役立つのは

*電池(単一・単二・単三全部。多ければ多い程いい。)

*携帯電話の充電器(乾電池式充電器)

*ラジオ(電池で動くタイプ)

*懐中電灯

*チャカマン・ロウソク・カセットコンロ(自宅)

*レトルト食品・非常食・水

避難所生活だと、また別に必要な物が出るでしょう。

 

ちなみに東日本大震災の時は、電気普及するまで3日掛かりました。(PCは2週間掛かりました。)

この時は、子供の受験の発表もあり、通常より2日遅れて発表になり、その後に何か買いに行こうかと思ったら、何も無かった記憶があります。でも、もっと大変な想いしてる方々もいます。

今回の北海道の地震にしろ、大阪の台風にしろ、どれだけ怖い想いしたのか。

私も東日本大震災の時、自分自身の身体が地震の様に揺れてる感じがしました。生活は少しずつ戻っても、あの時の怖い想いは今でも覚えてます。

1日でも早く、落ち着いて過ごせます様に……