だららんのもり

Facebookページもあります(o^∀^o)

アイデアとアイデア号がやってくる2(前編)

次はMVについて、書いてみます。

こちらから拝見出来ます↓

星野源『アイデア』 - 特設サイト

MVは8月20日(月)の午前4時に配信。

それを知って、すぐYouTube星野源公式チャンネルをチェックしました。

 

MVに関しての感想

何時もクオリティが高い、星野源のMV。

最初はマリンバ(実際はヴィブラフォン)でスタート。

赤・黄・ピンク・青の壁は、今まで出てきたタイトルのイメージカラー

赤→YELLOW DANCER(アルバム)

黄→恋(シングル)

ピンク→FamilySong(シングル)

青→ドラえもん(シングル)

どれもこれも知ってるのばかり。

恋が出た時も「この歌絶対大ヒットするわ!!」と思ったが、ファミソン(FamilySongのこと)もドラえもんも大ヒット。

決して

一発屋

ではない。

恋出る前から『SUN』や『YELLOW DANCER』も大ヒットしてましたから。

と言っても、このシングル・アルバム出てた時は、ファンと言うより、星野源の存在自体がしらなかった。

 

この歌自体が、自分自身の自己紹介の様なもの。

出てきた曲や、過去の暗かった時・病気になった時、立ち上がろうとしてる姿、そしてこれからの姿を全て、アイデアの歌で表現してる。

 

表現で思い出したが、途中で16人の男女のダンサー達が出るが、振り付けはあの

三浦大知

人の振り付けするのは、これが初めて。

で、三浦大知もスタッフの役で出てる。(あまり目立たないが。)

振りのイメージは、実は

お葬式

星野源やバンドのメンバーやダンサー達が喪服の様な衣装は、今までの自分を供養する為に、お葬式の様な雰囲気にしてるとか。

途中のダンサー達の踊ってる時の赤白の壁が、光の見方によって、白黒の葬式の幕の色になっていくのである。

 

マリンバに歌にギター弾き語りに銅鑼鳴らし。

セグウェイ乗ってたり、手と腰で女を誘惑?

でも、ひとつ足りないのは……

星野源のダンスシーン

『夢の外へ』『化物』の様に、ほんの少しだけでいいから、星野源のダンスシーンを入れて欲しかった。

あくまで私個人の意見だが、それは今後のテレビ出演でどうなることやら……

 

で、現在

YouTubeでの星野源の『アイデア』の視聴回数は……

981万回(9月10日13:55分現在。もう少し上がってるかもしれない。)

まだ1ヶ月たってないのに、もうすぐ1000万回に近付いてますね。

YouTubeにドンドンアクセスしようぜぇ!!(o^∀^o)

 

f:id:korigen1269:20180910135611j:image

この場所ってスタジオでなく、どこかのホールかアリーナの様な感じの場所で撮影してたとか。

(後編につづく)

アイデアとアイデア号がやってくる - だららんのもり